· 

第2回活動報告

第2回目の活動報告をさせて頂きます。
 
8月17日(金)18:00〜21:00
袖ケ浦臨海スポーツセンター
 
まず今回の参加者は10名でした。
この日もMK理念の『思いやり』の精神の下、前回同様に会場の設営から始まり、軽いアップをした後に、ゲーム形式(1本・7分&8分)で時間の許す限りフットサルを行いました。
 
前回よりは幾分プレーしやすい気候でしたが、やはり長めの休憩を入れつつ、参加者全員でフットサルを再び噛み締め合えたように思えます。
 
ちょっと、個人的な私見を述べさせて頂きます。
 
フットサルは、やはり競技力に目が行くと思われます。
ですが、この日は参加者各々の『自主性や協調性』を改めて感じる事が出来ました。
前回、会場の設営から片付けまでの一連の流れを覚えたのもありますが…
誰かに任せっぱなしにする訳ではなく、相互に助け合い、補い合う姿勢を感じました。
中には、怪我をされてしまった『仲間』のために、自ら率先として氷のうを事務局まで取りに行く『仲間』の姿もありました。
 
『完全なる平等』は皆無に等しいでしょうが、誰かに理不尽なしわ寄せをさせない。
出来る限りそのような気概や姿勢で、今後もフットサルとは向き合って行けたら…と、今感じます。
 
とにかく、千葉南部の『長浦・袖ケ浦』と遠方にはなりますが…
当『メンタル系』フットサルに関心や興味がありましたら、気兼ねなくご意見頂けたら幸いです。
 
皆様のご参加を心よりお待ちしております。